読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の遊び場レビュー(サンフランシスコ版)

4歳と1歳の娘を持つ父が、子供と行ける遊び場とイベントについて適当に書きました。2016年4月帰国のため更新停止。

更新停止のお知らせと、ベイエリアで行き残した子供用施設

2016年4月、日本への帰国に伴い、こちらのサンフランシスコ版は更新停止します。来て下さった方ありがとうございました。自分は行けなかったので記事にもないのですが、以下の3つほどはできれば行ってみたかった施設です。

 

サンノゼ

Happy Hollow Park and Zoo http://www.hhpz.org/

 

オークランド

USS Hornet https://www.uss-hornet.org/

UCMP 恐竜博物館 http://www.ucmp.berkeley.edu/

 

右のリンクにもありますが、地図から記事内容を探したい方は以下をご利用ください。

 

あと現在は以下の日本の東京版を更新中ですので、よろしければご利用ください。

asobiba.hatenablog.com

ヒラー航空博物館 Hiller Aviation Museum 2016/04/04

ヘリコプターの老舗ヒラー社の創業者である鬼才ヒラーが創設した博物館。ヘリコプター中心に歴史的な実物が展示され、一部には乗り込めたり、そこでフライトシミュレータまでできたりします。特にボーイング747やブルーエンジェルの操縦席に乗ることもできるのは、子供たちにはかなり楽しいようです。中庭からは隣のサンカルロス空港から飛び立つ飛行機を間近で見るための台もあったりして、全体的には小さめの博物館ですが、いろんな角度から飛行機というものを楽しめる博物館になっています。自作したコントローラーで通電させることでインベーダーゲームを楽しめたり、別途追加料金でドローンを飛ばすコーナーまであります。ギフトショップも本館のサイズと比べて大きく、飛行機関連のおもちゃなどいろいろ揃っています。でも実は子供たちに一番人気があるのは、飛行機と関係ない鉄道模型が走っているゾーンで、鉄道ゾーンがかなり広くなっていたりするあたりも含め、なかなか面白いです。

場所はサンカルロス空港の隣で、大人15ドル。内容を考えると妥当なイメージです。

www.hiller.org

イエルバブエナ・アイススケート&ボーリング場 Yerba Buena Ice Skating & Bowling Center 2016/03/21

イエルバブエナ公園内にあるアイススケート場とボーリング場。ボーリングは1時間1レーンで38ドル!さらに靴レンタルは一人5ドル弱なので子連れ3人家族でくると一人当たり1時間で20ドル弱とかなり高いです。アメリカ人がボーリング下手なのもわかるような。。。12レーンくらいしかないような小さなボーリング場ですが、当たり前ですが日本と同じようにボールの重さはちゃんと選べるようになっています。さすがに1歳の娘はできませんでしたが、ちゃんと4歳の娘が持てる重さのボールもあって、ガーターを防ぐフェンスありでプレイしました。1ゲームやる前に大人との投げるスピードの違いとか、当たっても遅すぎて全然倒れないのを感じてしまってか、娘は途中で飽きてしまいましたが、最低限のボーリング設備はちゃんとあり、それなりに楽しめました。今回はボーリング場しか行きませんでしたが、アイススケート場は1日入場料12ドル+スケートレンタル4ドルでまあまあの価格。値段的にはアイススケートのほうがオススメです。

www.skatebowl.com

レターマン・デジタル・アーツセンター Letterman Digital Arts Center 2016/03/19

スターウォーズを制作した映画製作会社ルーカスフィルムなども入っているビル群の総称で、LDACとも呼ばれます。サンフランシスコ内北西部にあるプレシディオ国立公園内にあり、斜面に広がる芝生に小川があったり桜の木が植えられていて、今の時期にはとても綺麗に咲き誇っています。池には鴨などもいたりして、庭園は一般人も無料で自由に入れてゆったりできます。ビル内には入れないのですが、入口の前にはヨーダの銅像が飾られた噴水があったり、平日の受付時間なら空いているビル内受付にはR2D2ダースベーダーもいたりして、ここまでは入れるようです。

全体的に自然を楽しむ公園として悪くはないですが、それなら他の公園でもよいかな、という印象。ルーカスフィルムファンとしてくるにも銅像や等身大人形が少しある程度でちょっと物足りない。もともと観光地にする気がないみたいなのでしょうがないけれどもう少し力を入れてくれると楽しいのになあ。

lucasfilm.com

ティルデン・リージョナルパーク Tilden Regional Park 2016/03/06

バークレーの東、オリンダと呼ばれる地域の山にある地域公園。250万坪もあり車でも1日ではまわりきれないような大きさの森みたいな公園です。その森の中にぽつぽつ施設がある感じで、ゴルフコースありハイキングコースあり泳げる湖あり、バーベキュー場、キャンプ場、植物園などとにかく自然を楽しむ要素がいっぱいあります。どれも子連れでも楽しそうですが、その中でも気軽に子連れで行けるものとして、リトルファームとメリーゴーランドと蒸気機関車に行きました。完全無料のリトルファームではパセリかセロリを持参すると自由にヤギ、羊、牛、鶏、アヒルたちに食べさせることができてかなり楽しいです。他にもウサギや七面鳥もいたり、その近くには山猫などの剥製が飾られた環境教育施設という名の建物もあったりします。蒸気機関車は一人3ドルで10分くらい森の中を走り抜けます。トンネルが1回あるくらいで特に楽しませる何かがあるわけではないですが、機関車もコースもしっかりした作りが地味ながら素敵です。メリーゴーランドは一人2ドルで定番どおり楽しめますが、何故こんな山の中に作ろうと思ったのか感がすごいです。メリーゴーランドはその隣で軽食が食べられるのが大人には嬉しい。全体的に、自然を楽しむ感が強いのがアメリカならではです。単純に気持ちいいですが、施設から施設へ山道を走る時間が長く車酔いしやすいのが気になるのもあり、都市好きの人にはあまり向いてないかも。

Tilden Regional Park

 

ハミルトン・レクレーションセンター Hamilton Recreation center 2016/02/28

サンフランシスコ市内のジャパンタウンすぐ西にあるレクレーションセンター。子供達が自由に遊べる公園遊具に加え、バスケットコート、グラウンド、プール、あとは体育館内にコートがいくつかある施設です。施設は基本的には有料で予約して貸し切ったり、開催されているレッスンに参加することで使用するようですが、公園遊具は無料で遊べます。主に公園として使っただけなので特筆するほど良いところがあったわけではなかったですが、特に悪くもないです。でも公園としての使用だけならあえて車で行く必要はない感じです。偏見かもしれませんが場所の問題でダウンタウン中心部より少し荒い子供達が多い印象。

Hamilton Rec Center | San Francisco Recreation and Park

ベイカー・ビーチ Baker Beach 2016/2/27

ゴールデンゲートブリッジの南西方向にある砂浜。ゴールデンゲートブリッジがとてもよく見える写真スポットとしても有名で、結婚しましたの記念撮影などに使われることも多いようです。サンフランシスコ市内には泳げるビーチはほとんどないので貴重なビーチではありますが、水温の関係から夏でも冷たすぎて泳ぐのは厳しいです。日光浴には良くて、冬場でも水着で日光浴している人が結構いました。ビーチ奥の北部はヌーディストビーチとしても有名らしいですが、自分たちはあまり北まで行かなかったので発見(?)できず。子供達にとっては海と砂浜でぱちゃぱちゃやれるのがとても楽しかったようです。砂も普通で水の色合いが特に綺麗というわけでもないですが、天気が良ければ単純に波打ち際で遊ぶのは楽しいです。サーファーもぽつぽついます。もちろん入場無料で駐車場も無料ですが、混むと止めるところを探すのに苦労します。

www.parksconservancy.org

 

潜水艦パンパニト USS Pampanito 2016/02/27

フィッシャーマンズワーフにて公開されている潜水艦。実際に第二次世界大戦を戦い抜き日本船を数隻沈めている艦で、アメリカ合衆国国定歴史建造物にも指定されています。本物が持つリアリティは凄まじいものがあり、狭い艦内を進んでいくと魚雷とその発射口、司令室にある日本近海の地図と航路、甲板に設置された銃器から戦争の匂いが立ち込めています。それと同時に、狭いながらも3段になっているベッド、食堂にあるチェス盤やバックギャモン盤、飾られた女優の写真、調理室で確認できるアイスクリーム作成機などから、その中でどのような生活が送られていたのか、という一人の人間の暮らしが想像できます。停留されていても想像以上に揺れることなど、乗ってみて初めてわかることも多く、とても価値のある体験でした。昇降口の階段が急なため1歳の娘は連れて行きませんでしたが、抱っこして連れて行けば最初と最後の昇降だけなのでそれほど危なくもなかったかな、とは思います。4歳の娘には初めての軍用潜水艦でとても衝撃的だったようです。興味深そうに見ていて、終わった後も印象に残ったようで色々と考えて質問してきました。1時間弱で大人15ドル、5歳以下は無料と、時間あたりにすると安くはないですが、歴史的価値のある施設だと思います。ipodを渡されて英語の解説も聞けます。

Maritime Park Association - USS Pampanito Home Page

キュリオデッセイ CuriOdyssey 2016/02/21

サンマテオのコヨーテポイントにある博物館兼動物園。全体的に小さめで、そんなに長居するほど展示物や動物がいるわけではないですが、内容はとても良いです。博物館では空気で浮くブロックのようなものを組み合わせて浮かせて遊んだり、霧や水が垂れ流されて自由に遊べたり、磁力に反応する磁性流体をいろんな形で体験させたり。動物園も行動展示がしっかり意識されていて、動物達の寝ているところがとても見やすくなっていたり、自由に遊べ回れるように作られています。カワウソ、ボブキャット、フェレット、フクロウ、ワシ、鷹、ヘビ、カエルなどどれも結構見ごたえがあり、盛り上がれます。大人一人9ドルとお手頃価格なのも良い!ですが、サンフランシスコから遠出して来るには全体的にもう少しボリューム感があると良いかな、とは感じました。また、実際には施設のあるコヨーテポイント公園自体に入場料6ドルが取られます。その分公園自体もしっかり子供が遊べる遊具があったりするので、それらとまとめて遊ぶとちょうど良いかも。年パス持ってると公園の入場料も一定人数までは払わなくてよいようです。

http://curiodyssey.org/

SAPセンター「ディズニーオンアイス:アナと雪の女王」SAP center 'Disney On Ice: Frozen' 2016/02/21

サンノゼのSAPセンターで開催されたディズニーオンアイスのアナ雪版です。アメリカ各地で順番に公演予定で4月頭まで続くようです。日本でもこの夏に公演予定とのこと。最初と最後だけディズニープリンセス達とミッキー&ミニーが出てきますが、それ以外は定番のアナ雪のストーリーをそのままなぞっていく感じです。そうはいっても演出が映画とはもちろん違うので、各所の見せ場では結構ぐっとくるものがあり、特にLet it goの盛り上がりはさすが!子供達の集中力が切れてくる1時間で一度休憩が入り、合計2時間と長丁場ですが、4歳の娘は飽きずに最後まで楽しんでいました。1歳の娘はさすがに保たず途中で寝てました。会場内のグッズ販売は相変わらずディズニー価格ですが、盛り上げに一役買っていて、見に来ている女の子達はほとんどエルサドレスで来てるほど。全体的には安定のディズニーイベントでした。お値段は座席によりますが20ドルくらいからで割合良心的です。

SAPセンター自体は普段はアイスホッケー場として使われているようでまだ新しく、ディズニーオンアイスとしても見やすくて良かったです。駐車場も広めで余裕があったのもGoodでした。

www.disneyonice.com